安倍首相とトランプ氏が会談、日米の「信頼関係」に確信

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
安倍首相(左)とトランプ米次期大統領がトランプ・タワーで会談=内閣広報室提供

安倍首相(左)とトランプ米次期大統領がトランプ・タワーで会談=内閣広報室提供

(CNN) 米国を訪問中の安倍首相は17日、ニューヨークで同国のトランプ次期大統領と会談した。会談後に記者会見した安倍首相は、非公式の会談だったことを理由に内容の詳細について言及を控えたものの、「率直な話」ができたと印象を語った。

大統領選勝利後にトランプ氏が外国の首脳と直接会談したのは安倍首相が初めて。同首相は記者団に対し、会談を通じてトランプ氏の大統領就任後も日米が「信頼関係」を築いていくことができるとの確信を得たと強調した。

トランプ氏は選挙期間中から繰り返し、日本に対して在日米軍駐留費の負担増を求めているほか、環太平洋経済連携協定(TPP)からの脱退も明言している。

こうした問題を詳細に議論したかどうかについて、安倍首相は明らかにしなかったが、トランプ次期大統領に関しては「まさに信頼することができる指導者だと確信した」と述べた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]