ISIS、数百人規模の「自殺部隊」をモスルに配備か

ISISが自爆攻撃のための部隊をモスルに送り込んだとみられる

ISISが自爆攻撃のための部隊をモスルに送り込んだとみられる

イラク・アルビル(CNN) 過激派組織「イラク・シリア・イスラム国(ISIS)」のイラクの最大拠点であるモスルの奪還作戦が進む中、ISISがシリアから「自殺部隊」をモスルに送り込んでいる可能性があることが27日までに分かった。目撃者がCNNに明らかにした。

目撃者によれば、ISISが「首都」と称するシリア・ラッカからモスルへ過去2日間で新しく数百人が入ったという。彼らは他のメンバーとは異なったユニホームを身に着けた外国人戦闘員で、自爆用のベルトや軽量兵器を保持していた。

ISISの戦闘員が戦略上重要なチグリス川にかかる橋に爆発物を設置する姿も確認されており、自動車を使った自爆用の爆弾も数十台分が用意されているという。

イラク軍を主力とする約10万人が今月17日、モスル奪還作戦を開始。町や村を解放し、モスルに迫っている。

モスルに近付くにつれて戦闘が激化するとみられている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]