イラン、新型国産ドローン披露 米撃墜機の技術を「複製」

イラン、米ドローンの複製に「成功」

(CNN) 国営イラン通信(IRNA)などは3日までに、イランが、2011年に同国北東部で撃墜したとする米無人機(ドローン)の技術の一部を流用し、国産ドローンの開発に成功したと伝えた。

イランは11年、同国北部の国境近くでスパイ活動をしていたというドローン「RQ170」を撃墜したと明らかにしていた。RQ170には、熱探知カメラなど最先端の技術が使われていた。

専門家によれば、RQ170は米国が保有する兵器のなかでも高性能のもののひとつで、同様の兵器は他国には存在していないとみられている。

イランは国内技術を活用したドローンの写真を公開したが、捕獲した米ドローンの部品の多くを模倣したのだという。

報道によれば、イラン製のドローンには精密誘導爆弾4発を搭載できる。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]