中国とロシア、南シナ海で初の合同軍事演習

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
演習に参加するロシアの駆逐艦アドミラル・トリブツ

演習に参加するロシアの駆逐艦アドミラル・トリブツ

(CNN) 中国とロシアの海軍は12日、南シナ海で合同軍事演習を開始した。

両国はこれまでも毎年、日本海や東シナ海、黄海で共同演習を展開してきたが、南シナ海での実施は初めて。

中国海軍の報道官によると、演習は8日間にわたって実施される。陸戦隊による実弾演習や上陸作戦、島の防衛などの訓練が予定されている。中ロ両国の駆逐艦、潜水艦、爆撃機、ヘリコプター、水陸両用の装甲車両も参加する。

中国国営の中国中央テレビ(CCTV)によると、ロシアからは最大24台の装甲車を海岸へ直接運べるロプーチャ級揚陸艦や、潜水艦への攻撃能力で知られるウダロイ級駆逐艦など、最高水準の艦船が送り込まれている。

中国は南シナ海のほぼ全域で領有権を主張し、周辺諸国と対立している。この2年間は南沙(スプラトリー)諸島で岩礁の埋め立てを急速に進めて反発を招いてきた。

今年7月には、南シナ海の領有権をめぐりフィリピンの申し立てを受けた常設国際仲裁裁判所(オランダ・ハーグ)が、黄岩島(スカボロー礁)周辺での中国側の違法行為を認める判断を下した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]