英国、仏港湾に「壁」建設 難民らの密航阻止図る

2016.09.08 Thu posted at 18:42 JST

[PR]

(CNN) 英国政府は8日までに、ドーバー海峡に面するフランス北部カレー市から英国への密航を試みる難民や移民を阻止するため同市に大規模な「壁」を建設する計画を発表した。工事は近く始まるとしている。

高さ4メートル、長さ約1キロの壁構築は英仏両国が今年初めに合意した、総額1700万ポンド(約23億円)を投じ難民らの密航を阻止する計画の一環。英内務省によると、壁はカレーのフェリー船の港に通じる道路上の両側に建設する。今年末までに完工の予定。

英国のロバート・グッドウィル移民担当相が6日、議会の公聴会で「フェンスは既に設けた。これからは壁を築く」と発表した。

カレー市では英国への密航を狙う数千人規模の難民らが「ジャングル」と呼ばれる劣悪な衛生状況下にある簡易キャンプに住み続け、問題となっている。英国行きのトラックに飛び乗って隠れ、入国を図る方法などが多い。難民の多くはあくまで英国入りを望み、フランスでの難民申請には消極的だという。

グッドウィル移民担当相によると、フェンス構築などの治安対策は講じたものの一部の難民らは英国への密航に成功している。

ただ、壁の建設案については英国のトラック運転手らの間から「税金の無駄遣い」との批判も出ている。道路運搬の業界団体の責任者は治安対策はカレー市港の敷地内だけでなく、最大で5キロまでの周辺地域でも実施されるべきと主張。接続道路での治安強化が賢明な資金活用の方法とし、運転手は現在、同港から約241キロ内の場所では停車しないよう指導されていると述べた。運転手は物理的な手段による脅しも受けているのが現状だという。

メールマガジン

[PR]