英国留学、9年ぶりの低水準に 移民への規制強化響く

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
英ケンブリッジ大学のセント・ジョンズ・カレッジ

英ケンブリッジ大学のセント・ジョンズ・カレッジ

ロンドン(CNNMoney) 英国家統計局によれば、今年6月までの1年間に英国に留学した外国人の数は前年比15%減少し、2007年以降では最低の16万4000人となった。

シンクタンク「公共政策研究所」のクリス・マレー研究員(移民問題)は「過去2年、政府は留学生に対する規制を大きく強化した。例えば留学生が学びながら、また卒業した後に就労することは以前より難しくなっている」と説明する。

以前なら、留学生は履修コースを修了した後、最大で2年間は英国に残って就労することができた。だがメイ首相が内務相を務めていた12年、移民抑制政策の一環としてこの権利は奪われた。

「これが留学先としての英国の評価を変えた」とマレー氏は言う。

また英政府は、就労目的にもかかわらず学生ビザで入国する外国人への締め付けも強化。虚偽の入学許可を出していたとされる学校を含む800校を超える教育機関に対し、留学生の受け入れを認めない措置をとった。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]