イスラム教徒の女性水着を禁止、テロ対策で 南仏カンヌ

多くの人でにぎわうカンヌの海岸=2012年夏

多くの人でにぎわうカンヌの海岸=2012年夏

(CNN) フランス南部の地中海沿岸にあるカンヌ市当局は13日までに、市内の海岸でイスラム教徒の女性用の水着「ブルキニ」の着用を禁止すると発表した。フランスや他の欧州諸国で多発したテロへの対抗措置としている。

同市長府によると、禁止の対象期間は7月28日~8月31日で、違反者には罰金38ユーロ(約4294円)を科す。違反者はこれまで報告されていない。ブルキニは、顔と手足の先以外の全てが隠されるデザインとなっている。

毎年の国際映画祭で有名なカンヌ市に近い仏ニース市の遊歩道などでは先月、暴走トラックが花火見物客らに突っ込むテロ事件が発生、84人の犠牲者を出していた。また、同月下旬には仏北部で教会が襲撃され、当時86歳の司祭が刺殺されるテロも起きていた。

南仏マルセイユ近くにある遊泳施設では最近、イスラム教徒の女性専用の「ブルキニ・デー」の設定が同市当局の介入により中止される一幕もあった。この行事の主催者側に脅迫文が届いたことが原因だった。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]