カンヌはハイヒール必須? ぺたんこ靴女性締め出し疑惑

(CNN) フランスで開催中のカンヌ映画祭は、ハイヒールを履かない女性を締め出している――。業界誌のそんな報道が波紋を呼び、女性にボイコットを呼びかける運動にまで発展している。

英業界誌スクリーン・インターナショナルのオンライン版「スクリーンデイリー」は、レズビアンをテーマとする作品「キャロル」のプレミア上映会で、50代の女性数人が底の平たい靴を履いていたという理由で入場を断られたと伝えた。中には病弱な高齢女性もいたという。

カンヌ映画祭を巡っては過去にも、女性制作者の作品紹介が少なすぎると批判されたことがある。そこで今年は女性ディレクターやプロデューサーに脚光が当てられたが、今度はヒールを巡る論争が浮上した。

騒ぎの発端となった「キャロル」は女性プロデューサーの作品。評判も良く、出演者の大半を女性が占める。

カンヌは伝統的に映画界の華やかさを見せつける場として、美しさや輝かしさに重点が置かれてきた。

主催者の対応からは立場を決めかねている様子もうかがわれる。スクリーンデイリーによれば、主催者側は「レッドカーペットでの上映会では全女性にハイヒールを履くことを義務付けている」と認めたという。

一方でカンヌ映画祭のディレクターはツイッターで、女性にハイヒールを義務付けているという噂は「事実無根」だと訴えた。

ツイッターでは、来年のカンヌ映画祭をボイコットするよう女性に呼びかける運動も展開されている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]