仏ニース・テロ 容疑者は「急速に過激化」、当局も把握せず

2016.07.17 Sun posted at 11:45 JST

[PR]

(CNN) フランスのカズヌーブ内相は16日、南部ニースで大型トラックを運転し、群衆に突っ込んだモハメド・ラフエジ・ブフレル容疑者(31)は、過去のある時点で急速に過激思想に染まったとの見方を示した。

カズヌーブ内相によると、ブフレル容疑者は武装攻撃にかかわる声明を出した前歴もなく、情報当局の監視対象にもなっていなかった。

内相は同容疑者の「急速な過激化」について具体的には説明しなかった。ただ一方で、今回の事件は過激派組織「イラク・シリア・イスラム国(ISIS)」から直接訓練を受けないままISISの主張に呼応し、極めて暴力的な犯行に及んだ「新種の攻撃」だと指摘した。

ISIS系のアマク通信は16日、ISIS支持者らからの投稿として、ISISの「兵士の1人」がニースの攻撃を実行したとする声明を伝えた。ISISと戦う有志連合の国民を狙うよう求める呼び掛けに応じた攻撃だとしている。

メールマガジン

[PR]