エジプト当局による「強制失踪」、数百人規模か 国際人権団体

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(CNN) 国際人権団体アムネスティ・インターナショナルは13日、エジプト当局が市民を拘束し、訴追もせずに監禁を続ける「強制失踪」の例が相次ぎ、その被害者は今年1~5月だけで630人を記録したとする報告書を発表した。

活動家らによると、拘束された人々は家族や弁護士との面会を認められず、正式な起訴や裁判もなしに外部との連絡を絶たれた状態だという。アムネスティの報告では、2015年には1日平均4~5人が消えたとされ、その半数は再び現れることがない恐れもある。

また報告書では当局による拷問も指摘した。被害者の証言では、電気ショックや目隠し、殴打、つるし上げのほか、強姦(ごうかん)を含む性的虐待もあったという。

CNNは強制失踪の被害者となった14歳のアセル・モハメドさんの姉に取材。姉によればアセルさんは逮捕状なしに拘束され、肉体と精神をひどく痛めつけられたという。

「ひどい電気ショックのひどい傷が唇や頭、腕、胸に残っていた」と姉は言う。「丸1日、腕が脱臼するまで手首からつり下げられたこともあった」

家族はアムネスティに対し、警察がアセルさんを数時間事情を聴くだけとして連行していったが、その後34日間連絡を取れず、居場所も不明だったと語った。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]