サウジで連続自爆テロ、聖地メディナも標的 4人死亡

メディナにあるモスクから自爆テロによるものとみられる黒煙が立ち上る= Lubna Abdullah Kadwani

メディナにあるモスクから自爆テロによるものとみられる黒煙が立ち上る= Lubna Abdullah Kadwani

ジッダ(CNN) サウジアラビアで4日、3件の自爆テロが相次ぎ、西部のイスラム教聖地メディナでは少なくとも4人が死亡、1人が負傷した。

いずれの攻撃でもサウジ治安部隊と欧米関連施設の両方が狙われた。犯行声明は出ていないが、イスラム世界では先週から、過激派組織「イラク・シリア・イスラム国(ISIS)」がかかわるテロ攻撃が続発している。

1件目は同日未明、西部ジッダにある米領事館のすぐ近くで発生した。実行犯1人が自爆し、警官が軽傷を負った。

東部カティーフで起きた2件目の爆発は、イスラム教シーア派のモスク(イスラム教礼拝所)を狙ったとみられるが失敗に終わり、その過程で自爆犯1人だけが死亡。負傷者はいなかった。

3件目のメディナで最も大きな被害が出た。同市はイスラム教の預言者ムハンマドが埋葬された場所で、同じく西部に位置するメッカに次ぐ聖地となっている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]