五輪ビーチバレー会場近く、人間の切断遺体が漂着

切断遺体の漂着現場付近を走る人。左奥がビーチバレー会場。

切断遺体の漂着現場付近を走る人。左奥がビーチバレー会場。

(CNN) 五輪開幕まであと38日となったブラジル・リオデジャネイロ市の警察当局は29日、観光名所コパカバーナ海岸にあるビーチバレー会場近くに切断された遺体の一部が漂着する事件があったと報告した。

海岸の訪問客が見付けたのは人間の足などで、切断された遺体は女性もしくは若年層の成人とみている。軍警察によると、身元はまだ判明していない。被害者が死亡したいきさつなどもわかっていない。

五輪の競技会場近くで発覚した今回のおぞましい事件は同市の治安に対する懸念を改めてかきたてる可能性もある。

リオ五輪をめぐっては難問や混乱が次々と起きており、円滑な大会運営を危ぶむ見方も根強い。リオデジャネイロ州は財政危機に直面して緊急の資金援助を要請。ジカウイルス感染症(ジカ熱)対策も引き続き迫られ、法執行機関要員の給料未払いも発覚してデモ騒ぎとなった。

また、聖火リレーにバケツの水をかけようとする男が逮捕されたり、聖火リレー関連行事に駆り出されていた動物園のジャガーが逃げ出し、射殺される騒ぎも起きた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]