イラク当局、ファルージャ中心部の奪還を発表

イラク軍は先月23日からファルージャの奪還を目指し進攻していた

イラク軍は先月23日からファルージャの奪還を目指し進攻していた

(CNN) イラク連邦警察は17日、同国中部ファルージャの中心部にある行政庁舎を過激派組織「イラク・シリア・イスラム国(ISIS)」から奪還し、イラク国旗を掲揚したと交流サイトのフェイスブック上で発表した。

イラク連邦警察のジャウダト長官がこの中で明かしたところによると、ファルージャ中心部に残るISIS戦闘員を掃討する作戦が続いているという。

イラク統合作戦司令部も同日、イラク軍の対テロ部隊がファルージャ中心部のナザル地区を奪還し、同市の中核病院を包囲しているとの声明を発表した。対テロ当局の報道官によれば、病院内に狙撃手がいるものの近く軍が突入作戦を行うとしている。

イラク軍は5月23日、イスラム教シーア派民兵や米軍の空からの支援を受け、ファルージャに向けた進撃を開始していた。同市は2014年にイラク国内の都市として初めてISIS戦闘員に制圧されていた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]