NATO、東欧4カ国に4大隊配備 ロシアを牽制

2016.06.16 Thu posted at 19:12 JST

[PR]

ワシントン(CNN) 北大西洋条約機構(NATO)のストルテンベルグ事務総長は16日までに、エストニア、ラトビア、リトアニアのバルト海沿岸3カ国とポーランドに多国籍部隊の4大隊を新たに配備する方針を示した。

ウクライナへの介入などを続けるロシアとの緊張関係の高まりが減じていないことを受けた措置。ポーランドの首都ワルシャワでの記者会見で、NATOが加盟国防衛の用意があることを示す明確な意思表示になると強調した。

4大隊派遣はワルシャワで来月開かれるNATO首脳会議で正式承認される見通し。1大隊は最大1000人で成り、ドイツ、英国と米国が3大隊を指揮し、残る1大隊の担当国は未定。

エストニアなど4カ国はウクライナ危機やロシアによるウクライナ・クリミア半島の強制併合を受け、NATO軍兵力の自国内配備の拡大などを求めてきた。

メールマガジン

[PR]