強盗から奪い取った短銃、実は本物でビックリ 米

(CNN) 米バージニア州ノーフォークのレストランで12日までに、女性経営者が押し入った男の強盗から偽造と思い込んでもみあいの末に奪った短銃が後になって本物と判明する事件があった。

犯行のてんまつは店の監視ビデオが撮影しており、女性が強盗を撃退した後、銃を調べ、床に向けて発砲する場面も含まれていた。引き金を引いた理由は不明だが、女性の顔には銃は本物だったことに初めて気付く驚きの表情が浮かんでいた。

女性は地元のCNN系列局WAVYの取材に、銃は偽物と判断していたことを明かした。

地元警察などによると、店内に入った容疑者は短銃を突き付け、レジを開けるよう要求。しかし、女性はこれに動ぜず銃身をつかみ、離そうとはしなかった。この後、調理場にいた夫が包丁を手にして現れ、容疑者の背中を切り付けていた。

店から追い出された容疑者はその後、背中に深い切り傷を負った状態で警官に発見されていた。年齢は19歳で、強盗、強盗未遂や重罪となる小火器使用の容疑で訴追された。

女性は事件後、容疑者の逮捕を喜びながらも年齢が若かったことに当惑したとしながら、「彼は物事を変えることが出来る。今回のようなことは二度としないで欲しい」と願った。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]