北朝鮮軍幹部、処刑されていなかった 党大会で判明

北朝鮮で36年ぶりに開かれた労働党大会に出席した党関係者ら

北朝鮮で36年ぶりに開かれた労働党大会に出席した党関係者ら

(CNN) 北朝鮮で今年2月に処刑されたと伝えられていた北朝鮮の軍幹部が実は健在で、今も朝鮮労働党の運営にかかわっていると見られることが分かった。

朝鮮人民軍の総参謀長だった李永吉(リヨンギル)氏は、派閥争いや権力乱用、汚職にかかわった罪で処刑されたと伝えられていた。しかし朝鮮労働党機関紙の労働新聞が労働党大会に関連してこのほど掲載した名簿には、李氏が政治局の代理委員として名を連ねていた。

今年2月の時点で北朝鮮情勢に詳しい韓国政府当局者はCNNの取材に対し、李氏は処刑されたと語っていた。しかしこの高官は10日、誤った情報に基づいて李氏が処刑されたと判断していたと述べ、「北朝鮮が李氏の写真や近況を公表したことから、同氏は処刑されていないと信じるに至った」と話している。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]