ベルギー渡航者に各国が注意喚起、運行停止や欠航相次ぐ

駅の外で治療を受ける負傷者。鉄道や航空便に運行停止が相次いでいる=Dirk Alaerts/Twitter

駅の外で治療を受ける負傷者。鉄道や航空便に運行停止が相次いでいる=Dirk Alaerts/Twitter

(CNN) ベルギーの首都ブリュッセルの空港と駅で22日に相次いだ爆発を受け、周辺の公共交通機関は軒並み運行を停止した。各国政府はベルギーに渡航する市民に対して警戒を呼びかけている。

ベルギーの公共放送RTBFによると、航空各社は軒並みブリュッセル空港に向かっていた便の行き先を変更した。同空港は23日まで閉鎖を続け、その間に営業再開の時期について検討する。

ブリュッセルの公共交通機関は爆発を受けて22日午前、すべての運行を停止した。その後一部の地下鉄や路面電車、バスは再開している。

運行を停止していた欧州の高速鉄道ユーロスターも23日から通常の運行を再開する見通し。英ロンドン行きの列車が出るフランス・パリの北駅では22日午後、不審なスーツケースが見つかって一時乗客が避難する騒ぎがあったが、その後危険はないことが分かって封鎖は解除された。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]