ライオンが市街地に迷い込む、2頭戻らず ケニア首都

(CNN) ケニアの首都ナイロビで19日、ライオン数頭が国立公園から逃げだし、市街地に迷い込む事件があった。野生動物保護当局の報道官によると、19日午後までに2頭が無事に公園に戻ったものの、少なくとも2頭がまだ逃げたままの状態となっている。

住宅地でライオンを見たとの通報があったのは19日未明。野生動物保護当局の捜索チームが出動した。

同当局の報道官によれば、まだ逃げているライオンも20日未明までには国立公園に戻る見通し。最初の2頭がどのようにして戻ってきたのかについては言及しなかった。

国立公園はナイロビの中心的なビジネス街の近くにあり、周囲の大部分は電流フェンスで囲まれているが、南側だけは川が外部との境界になっている。ライオンがどういった経路で逃げ出したのか現時点では不明。

この公園ではほかにも、ヒョウやバファロー、キリンなどがいる。

当局者は警戒を促しており、ライオンを見つけたら通報するよう住民に呼びかけている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]