巨大望遠鏡建設で住民9110人立ち退き 中国

香港(CNN) 中国当局が世界最大の電波望遠鏡「500メートル口径球面電波望遠鏡(FAST)」を建設するため、住民9110人を立ち退かせる計画を明らかにした。国営新華社通信が伝えた。

FASTは貴州省の山間部に建設され、9月に完成予定。100億光年以上離れた距離から届く電波信号も探知できるとされ、地球外生命体発見への期待もかかる。

立ち退きの対象となるのは半径5キロ以内に住む住民で、1人当たり1万2000元(約21万円)の補償が支払われる。住居の確保が難しい少数民族の世帯には1万元を上乗せする。

中国では過去にも、三峡ダムの建設で120万人が立ち退きを強いられていた。

FASTが完成すれば、プエルトリコにあるアレシボ天文台(直径305メートル)を抜いて世界最大の電波望遠鏡となる。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]