シリア和平協議、国連特使が反体制派と会談

国連のデミストゥラ特使が協議を主導する

国連のデミストゥラ特使が協議を主導する

スイス・ジュネーブ(CNN) シリア内戦の終結を目指すアサド政権と反体制派の和平協議がスイスのジュネーブで始まった。国連のデミストゥラ特使は1日、双方の妥協点を探るため、主な反体制派でつくる「最高交渉委員会」(HNC)と会談した。

デミストゥラ特使によると、HNCは政治的解決だけでなく、政府に拘束された人物や政府軍に包囲された地域についても対応を求めている。同特使は、シリアの内戦終結を筆頭目標としながら、現時点では協議の継続と、シリア政府に拘束された人物のリスト入手を目指すとした。

2日には同特使とシリア政府の会談が予定されている。

HNCの広報は、「我々はこれを成功させるために来た。交渉開始の準備はできている」と期待を語った。

和平協議はこれまでにも2度にわたって行われたが、いずれも恒久的な停戦の実現には至らず、その間に30万人以上が衝突の犠牲になった。

デミストゥラ特使らは1月30日から作業に着手。国連安全保障理事会で先月採択された決議に基づき合意を目指す。決議には、市民に対する暴力の即時停止、シリア人主導の統治体制の確立と新憲法の起草、自由で公正な選挙、双方の合意に基づく包括的な暫定政権の樹立、人道援助の受け入れなどが盛り込まれている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]