欧州議会、スノーデン元職員の送還防ぐ決議を採択

スノーデン元職員の米国への引き渡しを防止する決議が、欧州議会で採択された

スノーデン元職員の米国への引き渡しを防止する決議が、欧州議会で採択された

(CNN) 米政府の情報収集活動を暴露し、現在ロシアに亡命中のエドワード・スノーデン元米中央情報局(CIA)職員をめぐり、欧州議会は29日、スノーデン元職員の米国への送還を防止するよう加盟国に求める決議を可決した。

この決議には法的拘束力はない。

決議では加盟各国に対し「内部告発者として、国際的な人権擁護活動家としての同氏の立場を認め」て刑事訴追を取り下げるとともに「その結果として第三国による送還もしくは引き渡しを防ぐ」ことを求めている。

スノーデン元職員は米国家安全保障局(NSA)の大規模な情報収集プログラムに関する資料を漏洩(ろうえい)し、2013年に米国を離れた。

短文投稿サイトのツイッターで、スノーデン元職員は今回の決議について「大きな変化をもたらすもの」だと述べた。

その上で「これは米政府への打撃にはならないが、友人たちから差し伸べられた救いの手だ。前進するチャンスだ」と記した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]