2歳児と5歳児が性的暴行被害、当局に対応求める声 インド

幼児が性犯罪の標的に

ニューデリー(CNN) インドの首都ニューデリーで、幼い子どもが性的被害に遭う事件が立て続けに起き、当局に対応を求める声が高まっている。

警察は18日、16歳と17歳の少年を、2歳半の女児を誘拐して性的暴行を加えたとして逮捕した。警察によれば、女児は家の前から近所の公園に連れ去られ、公園で性的暴行を受けたという。

これとは別に5歳の女児に性的暴行を加えたとして3人の男が逮捕されている。

いずれの事件でも、女児は病院で手当てを受けており、容体は安定しているという。

さらに約1週間前にも4歳児が性的暴行を受けており、この件では男1人が逮捕されている。

デリー首都圏首相のアルビンド・ケジリワル氏は、モディ首相が性的暴行に対し沈黙していると非難。現在はモディ首相に報告を行うデリー警察について、監督権を要求した。

学生組織はデリーの警察本部前で抗議活動を行い、警察の対応が不十分だと非難した。

公式データによれば、2014年にインドで記録された18歳未満の未成年への性的暴行は1万3766件。インドの犯罪統計によれば、このうちの1000件以上がニューデリーで報告されている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]