ハンガリーのカメラマン、難民を蹴って解雇

カメラマンが難民を蹴る ハンガリー

(CNN) 内戦の続くシリアなどからの難民の経由地となっているハンガリーで、民族主義的なテレビ局の女性カメラマンが収容施設を逃げ出した難民を蹴るなどして強い批判を浴びている。このカメラマンはその後、解雇された。

カメラマンは、子どもを前に抱き、荷物を背負った男性にわざと足をかけて転ばせた。男性は子どもを下敷きにする格好で地面に転倒した。

次にこのカメラマンは、走って行く難民たちを蹴とばした。蹴られた中には幼い女の子もいた。

カメラマンはハンガリーの民族主義的テレビ局N1TVのカメラマン。同局によれば、このカメラマンはその後、解雇されたという。同局は声明で、「カメラマンの行動は容認し得ないものだった」と述べた。同局はカメラマンの氏名などを明らかにしていない。

ハンガリーはオーストリアやドイツを目指す難民たちの経由地になっている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]