スレブレニツァ虐殺20年で追悼式、群集がセルビア首相に石

「スレブレニツァの虐殺」から20年を迎え、追悼式典が行われた

「スレブレニツァの虐殺」から20年を迎え、追悼式典が行われた

スレブレニツァ(CNN) ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争中にイスラム教徒数千人が虐殺された東部スレブレニツァで、事件から20年がたった11日、外国の代表者らを迎えて追悼式典が行われた。出席したセルビアのブチッチ首相が群衆から石や瓶を投げ付けられ、退場を余儀なくされる場面もあった。

事件ではセルビア人勢力が「民族浄化」の一環として、1995年7月11日から3日間のうちにイスラム教徒の男性7000人以上を殺害したとされる。これをきっかけに北大西洋条約機構(NATO)が大規模な空爆を開始し、セルビア人勢力を降伏に追い込んだ。

この日の式典は、約6000人の犠牲者が眠る墓地の近くで開かれ、米国のクリントン元大統領をはじめ外国の要人ら数千人が集まった。墓地には、最近発見された136人の遺骨が新たに埋葬された。

ブチッチ首相も墓地参拝に加わろうとしたが、「神は偉大なり」と叫ぶ集団から投石を受け、警護要員に誘導されて避難。車に乗り込んで走り去った。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]