ソマリア首都でホテル襲撃、外交官ら6人死亡

ソマリア首都でホテルが襲撃を受け外交官など6人が死亡

ソマリア首都でホテルが襲撃を受け外交官など6人が死亡

モガディシオ(CNN) ソマリアの首都モガディシオで27日夕方、ホテルが武装勢力に襲撃され、ソマリアの外交官を含め、少なくとも6人が死亡した。その後、国際テロ組織アルカイダ系イスラム過激派組織「シャバブ」が犯行声明を出した。

襲撃は午後5時ごろに発生。目撃者によると、まずホテルの入口で自動車爆弾が爆発し、その後、武装集団がホテルに侵入して人々に発砲した。また警察によると、爆弾を身に付けた武装集団の1人がホテル内で自爆したという。

襲撃開始から数時間後、ソマリアの国営メディアは、治安部隊がホテルに入り、残りの武装集団を殺害したと報じた。

襲撃されたホテルは、大統領府に続く幹線道路沿いにあり、政治家、ジャーナリスト、ビジネスマンに人気がある。

シャバブの広報担当はCNNに対し、ホテル襲撃は自分たちの犯行であると認め、スパイや政府関係者が標的だったと述べた。

シャバブは長年、ソマリアで活動を続けており、当初はソマリア政府を打倒し、より厳格なイスラム法(シャリア)を同国に導入することを目指していたが、その後ソマリアや隣国でのテロ攻撃に重点を移している。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]