ISIS人質で死亡確認の米女性、戦闘員と「結婚」の可能性

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ミューラーさんが死亡した経緯は不明。

ISISは今月6日、「首都」と称するシリア北部のラッカでミューラーさん(当時26)はヨルダン軍機の空爆に巻き込まれ、ビル内で死亡したと主張。ただ、崩落してがれきとなったビルの画像以外、死亡との主張を裏付ける材料は示していなかった。

米紙ニューヨーク・タイムズは家族に送付されたメッセージにあった写真では、ミューラーさんの顔面に傷があったと報道。ただ、この傷が爆撃されて崩壊したビルの中にいて出来たものかどうかは不明とも伝えた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]