台湾当局、全ATR72型機の飛行を停止 墜落事故で

台湾機、墜落直前にエンジン停止か 映像で見る

(CNN) 台北で4日に起きた復興(トランスアジア)航空機の墜落事故を受け、台湾の民間航空局(CAA)は台湾で登録されているATR72型機全機の飛行を停止させ、安全点検を指示した。この事故では5日までに32人の死亡が確認され、11人は依然安否が確認できていない。

安全点検は復興航空と立栄航空がもつATR72型機が対象となる。復興航空はATR72―500型機6機とATR72―600型機4機を運航。立栄航空は600型機12機を運航している。4日に墜落事故を起こしたのは600型機だった。

同機は4日、離陸した直後にエンジン停止を起こして墜落したとみられている。この日は3回にわたって使われていたとの情報もある。

復興航空のATR72は昨年7月にも、500型機が澎湖群島への着陸に失敗して墜落する事故を起こしていた。

業界誌の編集責任者によると、復興航空は設立以来の20年で5機を失い、「重大な安全事案」が7件発生している。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]