ヨルダン、ISISを空爆 パイロット殺害の報復

ヨルダン、ISISを空爆

(CNN) ヨルダン軍は5日、イスラム過激派「イラク・シリア・イスラム国(ISIS)」に空軍のパイロットが殺害された報復として、ISISの拠点を空爆した。

ISISはこの2日前、拘束していたヨルダン軍のムアーズ・カサースベ中尉(27)を殺害したとする映像を公開していた。

ヨルダンの空爆作戦は「殉教者ムアーズ」と命名され、空爆を終えて帰還した戦闘機はカサースベ中尉の故郷カラクの上空を飛行した。

軍は国営テレビを通じて声明を出し、「これはまだ始まりにすぎない」と強調。空爆はISISの訓練施設や武器弾薬庫に対して実施したと述べ、「全目標を完全に破壊し、全機が無事基地に帰還した」と発表した。

シリア国内のISISの拠点とされる場所を戦闘機が空爆する映像も国営テレビで流れた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]