機内で乗客が乗務員に熱湯ぶちまけ、カップ麺めぐり

乗客の行為に対して罰金では手ぬるいとの声も

乗客の行為に対して罰金では手ぬるいとの声も

同機はこの騒動でバンコクに引き返すことになった。それを知った女性客は窓をたたいたり、飛行機から飛び降りると言って騒いだりしたという。

同機には乗客174人と乗員6人が乗っていた。エアアジアは「女性乗客の行為によって他の乗客が危険にさらされ、機内サービスが妨害されていると機長が判断し、ドンムアン空港に引き返すことにした」と説明している。

騒ぎを起こした男女と、連れの友人2人はタイの当局に事情を聴かれ、5万バーツ(約18万円)を客室乗務員に支払うよう命じられた。女性客は秩序を乱したとしてさらに200バーツ(約720円)の罰金を、残る3人はそれぞれ100バーツ(約360円)の罰金を命じられた。

中国ではこの男女の「恥ずべき」行為を嘆く声がインターネットで広がり、罰金のような手ぬるい対応ではなく、犯罪として取り締まるべきだという意見が殺到している。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]