ロ軍機の飛行、「異例の規模」 欧州空域でNATO警戒

ロシア軍機が異例の規模で飛行

(CNN) 北大西洋条約機構(NATO)は29日、「異例の」規模のロシア軍機が28~29日にかけて欧州空域を飛行したと発表した。

爆撃機や空中給油機からなるロシア軍機の複数の部隊は、バルト海や北海、黒海の上空を飛行。「欧州空域における異例の水準の航空(軍事)活動」だとNATOは指摘した。

ロシア軍機はいずれもフライトプランを提出していなかったうえ、民間航空管制当局との無線交信も行わず、航空機の位置情報を知らせるトランスポンダーも作動させていなかった。「民間航空に危険をもたらしうる」とNATOは非難した。

NATOによれば、欧州空域でのロシア軍機の飛行は28日から29日午後にかけての24時間で19回以上確認された。

北海上空を飛行していたロシア軍機8機に対し、ノルウェー軍のF16戦闘機が緊急発進。一部はロシア方面に戻ったが、Tu95ベアH爆撃機2機は飛行を続けたため、ポルトガルからもF16が緊急発進した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]