中国共産党、前最高指導部メンバーの周氏を調査

中国共産党、周永康氏を調査

北京(CNN) 中国共産党は29日、周永康(チョウヨンカン)・前政治局常務委員(71)に「重大な規律違反」の疑いがあるとして、正式な調査を開始したことを明らかにした。

政治局常務委員は党の最高指導部にあたる。周氏は2012年末に引退するまでこの地位にあり、治安当局を掌握していた。経済格差の拡大や汚職への反感を背景に中国全土で抗議行動が続発するなか、国内治安維持にかける予算は同氏の下で、国防予算を上回る規模まで増大した。

周氏が犯したとされる違反の詳細は不明だが、習近平(シーチンピン)国家主席は12年末の共産党総書記就任以来、公務員らの汚職を徹底的に取り締まる運動を展開してきた。「トラもハエも退治する」と宣言し、中国中央テレビ(CCTV)によるとこれまでに大物の「トラ」35人を摘発した。

特に最近、周氏に連なる人物が次々と摘発され、同氏の親族らにも調査が及んでいた。周氏自身が自宅軟禁の状態に置かれたとのうわさもあった。周氏が起訴されれば、汚職撲滅運動の中でも最大の人物となる。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]