マレーシア機の新たな捜索範囲、25日に発表

マレーシア機の新たな捜索範囲、25日に発表へ

(CNN) 今年3月から消息不明となっているマレーシア航空370便の捜索を主導してきたオーストラリア運輸安全局(ATSB)は22日、新たな捜索範囲を25日に発表すると表明した。

マレーシア機の捜索は5月にいったん中断され、再開は8月以降になる予定。ATSBによると、不明機に関するデータを改めて分析した結果、捜索の対象はこれまでに特定されたアーチ状の範囲に沿って、さらに南方へ数百キロ移動した海域になる見通しだという。

同機が着水または着地したとみられる位置のアーチは、人工衛星の通信履歴に基づいて算出された。捜索チームはこれをレーダーのデータや機体のエンジン性能の試算と照らし合わせ、捜索範囲をインド洋南部に絞っていた。同機のブラックボックスが発した可能性のある信号が探知され、米軍の無人潜水機を投入して海底を徹底的に調べたが、機体は発見されなかった。

ATSBはマレーシア政府の依頼を受けて捜索を主導してきたが、今後は民間企業に委託するとの方針を示している。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]