ウクライナ東部で住民投票実施へ、投票率70%の予想も

ウクライナ情勢を振り返る

ウクライナ東部ドネツク(CNN) ウクライナ東部ドネツク州で親ロシア派が樹立を宣言した「ドネツク人民共和国」の住民投票実施委員会の委員長と自称する人物は10日、州の事実上の独立の是非を問う11日の住民投票の準備は90%終え、投票率は70%を予想しているなどと述べた。

CNNに明らかにした。東部ルガンスク州でも行われる住民投票ではロシアのプーチン大統領が延期を求めたが、実施の方針に変更はないとも強調した。

ドネツク市内では活動家が投票箱を車に積む姿も見られた。同州の「中央選挙管理委員会」はソーシャルメディア上で、18歳以上の住民は州の登録スタンプが付いた旅券を提示すれば投票資格を得られると説明。

投票時間は通常の12時間より長い14時間で、投票者の拡大を狙っている。ウクライナ暫定政権が最新の有権者名簿の提供を拒否したための措置としている。投票が行われた場合、開票結果は11日夜にも明らかになる見通し。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]