北朝鮮メディア、オバマ氏に異例の侮蔑表現

韓国の朴槿恵大統領(左)とオバマ米大統領

韓国の朴槿恵大統領(左)とオバマ米大統領

(CNN) 北朝鮮の朝鮮中央通信は10日までに、オバマ米大統領を非難する記事を掲載し、「よこしまな黒いサル」などと激越な字句を使って罵倒(ばとう)した。

北朝鮮の国営メディアはこれまでも侮蔑的な表現で米国や韓国の指導者らを非難した過去があるが、今回ほど人種差別を露わにし、悪意に満ちた表現は例がないとみられる。北朝鮮情勢の専門家らも驚いており、その意図の把握に努めている。

米ホワイトハウスの国家安全保障会議(NSC)は「非常に醜悪で無礼」と強く憤慨している。

この記事は5月2日に「世界で唯一怠慢なオバマ(氏)への神聖な処罰」との見出し付きで掲載された。文中ではオバマ氏を再三、「サル」と呼び捨てている。

「その容姿と振る舞いでそれとわかる」とし、「混血の生まれがその理由かもしれないが、彼を見れば見るほどサルの体から脱してきたと思わざるをえない」とまで言い切っている。

朝鮮中央通信は最近、韓国の朴槿恵(パククネ)大統領に対しても悪態を付き、「下品な無教養の人物で、米国に奉仕する下劣な売春婦」とこき下ろしていた。また、韓国フェリー船の沈没事故で対応に誤ったとも弾劾(だんがい)し、米国との密接関係は「精神的な疾患を抱えている」ためとも主張していた。

朝鮮中央通信の報道内容を追うウェブサイトによると、オバマ、朴両大統領への言及はここ数カ月間増えている。北朝鮮情勢では最近、同国による4度目の核実験着手が近いとする情報が目立っていた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]