韓国船沈没、運航会社の代表を拘束

犠牲者に祈りをささげる人々=4月29日

犠牲者に祈りをささげる人々=4月29日

(CNN) 韓国南西部・珍島(チンド)沖で旅客船「セウォル号」が沈没した事故をめぐり、韓国の検察幹部はセウォル号の運航会社である「清海鎮海運」のキム・ハンシク代表を拘束したと明らかにした。

検察幹部によれば、キム代表には業務上過失致死などの容疑がかけられている。また、沈没の一因が過積載だったとみられることに関連して、船舶の安全を定めた法律に違反した疑いもあるという。

検察幹部によると、セウォル号は事故当時、積載可能量の2倍を超える貨物を積んでいたうえ、貨物が正しく固定されておらず、これが転覆の一因になったという。

セウォル号には修学旅行中の高校生300人以上を含む467人の乗客・乗員が乗船していたが、このうち少なくとも269人が死亡。当局によれば35人が行方不明になっている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]