オバマ大統領、尖閣に「安保適用」 日米首脳会談

日米首脳の共同記者会見

東京(CNN) 訪日中のオバマ米大統領は24日、安倍晋三首相との首脳会談後の共同記者会見で日中間の摩擦材料となっている尖閣諸島(中国名・釣魚島)問題に触れ、不測の事態が発生した場合、日米安全保障条約の適用対象になると言明した。

安保条約は過去数十年機能しており、尖閣諸島に絡む衝突などの事態が発生した場合、適用されると断言。ただ、紛争などが起きた場合の米国の関与の在り方には触れなかった。

また、クリミア半島がロシアに併合されたウクライナ情勢など国際的な領土紛争問題に言及しながら、尖閣諸島の帰属権については米国の立場の表明を控える従来の基本姿勢を改めて示した。

状況を悪化させず、修辞の言動に走らず、挑発的な行動を控えて日中間の協力的な行動を試みる意義を安倍首相と共に強調したいと述べた。

その上で、日中両国に対話を通じた平和的な解決方法の模索を要請。「我々は、全ての国家が領土論争を解決させる国際的かつ基本的な手順を踏まえることを確保したいとの立場にある」とも強調した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]