カメのために戦い続ける90歳、トルコの生息地で

ウミガメを守るためにビーチ保全を訴える活動が展開された=ジュン・ヘイモフさん提供

ウミガメを守るためにビーチ保全を訴える活動が展開された=ジュン・ヘイモフさん提供

(CNN) 「カメが見られなかったら料金はいらない」。船で潟を巡るツアーの船頭はそう請け負った。トルコのダルヤン・デルタ地帯にあるイズトゥズ。1951年の映画「アフリカの女王」の舞台にもなったこの地は、有名なアカウミガメの生息地でもある。

同地には美しいビーチにすむウミガメを見るために、毎年たくさんの観光客が訪れる。このビーチが手つかずのままの姿を保っているのは、1人の女性の努力によるところが大きい。

この女性、ジュン・ヘイモフさんは、かつて英国でバレエダンサーや画家をしていたが、1975年に観光で訪れてこの地に魅せられ、8年後にビーチ沿いの簡素な小屋に移り住んだ。

80年代半ば、大規模なホテル建設の計画が持ち上がると、ヘイモフさんが中心となってウミガメを守るためにビーチ保全を訴える活動を展開。この運動が世界中に支持されて、ホテル建設計画を撤回させることに成功した。トルコ政府はイズトゥズを特別保護区に指定した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]