「死ぬまでに1度は行きたい」世界の名所1000ヵ所

ディスコ湾(グリーンランド)  夏も解けない巨大な氷山の間を、観光船が通り抜けていく (C)Uri Golman/Greenland Tourism

ディスコ湾(グリーンランド)  夏も解けない巨大な氷山の間を、観光船が通り抜けていく (C)Uri Golman/Greenland Tourism

(CNN)  ラトビアのガウヤ渓谷に広がる童話の森、バルト海に浮かぶエストニアのサーレマー島、高さ50メートルを超えるリトアニアの砂丘――。2003年の著書「死ぬまでに一度は行きたい世界の1000カ所」で話題を呼んだ旅行ライターのパトリシア・シュルツさんが、当時まだ訪れにくかった旧ソ連のバルト三国や旧ユーゴスラビアの名所を新たに盛り込んで改訂版を執筆した。

旧ユーゴ諸国からは、モンテネグロのアドリア海に面した都市ブドヴァの美しいビーチや、クロアチアのイストラ半島に残るローマ時代の円形競技場、スロベニアのリュブリャニツァ川にかかる三本橋などが紹介されている。

初版では訪れる時間のなかったガーナやグリーンランドも含め、計28カ国、200カ所を追加。新たに200ページを加え、カラー写真600枚とiPad(アイパッド)用のインタラクティブ・アプリも付けた。ハネムーンや銀婚式、誕生日といった「一生に一度」の記念旅行に似合う超高級ホテルから、こぢんまりとした手ごろなホテルまで、幅広く紹介。目的地そのものだけでなく、その土地で楽しめる旅行プランや体験なども提案している。

死ぬまでに一度は行きたい世界の1000ヵ所 ヨーロッパ編
著者: パトリシア・シュルツ 価格:  発行元: イースト・プレス

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]