ブタ6千匹の死骸を回収、当局の姿勢に批判の声相次ぐ 上海

2013.03.13 Wed posted at 19:27 JST

[PR]

香港(CNN) 中国・上海中心部を流れる黄浦江で13日までに、5916匹に上るブタの死骸が回収された。上流地域からさらに死骸が流れてくることが予想され、この川から飲料水を引く市民からは「まず偉い人が飲んでみて」など水質への影響に不安を訴える声が相次いでいる。

死骸の漂流は先週から報告されていた。13日付の国営英字紙「上海日報」は地元当局の発表として、上海市内の水質は「正常」で「汚染物質は検出されなかった」と伝えた。市水道当局は水質検査を強化し、死骸の回収を急ぐ方針を示している。

これに対し、中国版ツイッター「ウェイボー(微博)」では「汚染されていないというのなら偉い人たちがまず飲んでみてほしい」「主要河川に腐敗しかけたブタの死骸が流れているのに、衛生上問題がないのはなぜ? 答えは、これが中国での出来事だから」など、批判的な発言が相次いでいる。

ある住民はCNNとのインタビューで「至る所に死骸があってひどい悪臭を放っている。もちろん心配だが、この水を使うしかない」と訴えた。

しかし、一部の住民は汚染を恐れ、ボトル入りの飲料水を飲み始めているという。

メールマガジン

[PR]