ソロモン諸島沖でM8.0の地震、津波で5人死亡

2013.02.06 Wed posted at 17:20 JST

[PR]

(CNN) 南太平洋のソロモン諸島付近で6日、マグニチュード(M)8.0の地震があり、同国の病院関係者によると、地震で発生した津波により5人が死亡した。

震源に近いソロモン諸島東部のサンタクルーズ諸島ネンドー島ラタの病院関係者は、高齢者4人と子ども1人が津波により死亡したと語った。

米太平洋津波警報センターによると、ソロモン諸島付近では約1メートルの津波を観測した。

同センターはソロモン諸島やパプアニューギニアなど周辺地域に津波警報や注意報を出していたが、その後解除した。

米地質調査所によると、震源地はソロモン諸島東部のサンタクルーズ諸島沖。震源の深さは28.7キロ。当初は、震源の深さは約5.8キロとしていた。

地震発生を受けて、周辺地域の当局は避難命令を出すなど対応に追われた。

メールマガジン

[PR]