北京の大気汚染が過去最悪水準に、呼吸器疾患が急増

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
北京の大気汚染指数が過去最悪レベルに達した

北京の大気汚染指数が過去最悪レベルに達した

北京(CNN) 中国の北京が13日まで3日連続で有害物質を含む濃霧に覆われ、当局は異例の警報を出して住民に外出を控えるよう呼びかけている。

大気汚染指数は過去最悪水準の「500」を突破し、当局では測り切れないほどのレベルに到達。市内の交通量は減り、濃霧のため視界がかすんで太陽はほとんど見えなくなっている。当局は住民に対して屋外の活動を控え、外出を避けるよう呼びかけた。

国営メディアによると、呼吸器系の症状を訴える人が激増し、マスクの販売も急増している。北京大学の専門家は新華社通信に対し、「風のない日が続いたことから汚染物質が徐々にたまり、大気汚染が一層悪化した」と解説している。

北京の大気汚染は2008年の五輪開催を機に改善されたと当局は説明してきた。しかし住民によれば、実際には状況は悪化しており、昨年は北京の空港で大気汚染のため約700便が欠航となったこともある。

欧州委員会の2011年の統計によると、中国の二酸化炭素の排出量は97億トンに上る。米国は54億2000万トン。

国営メディアによると、大気汚染による濃霧は、再び風が吹き始める16日まで続く見通し。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]