メキシコ大統領、国名を正式に「メキシコ」へ変更提案

2012.11.24 Sat posted at 11:37 JST

[PR]

(CNN) メキシコのカルデロン大統領は22日、正式国名を「Mexico(メキシコ)」に変更する案を議会に提出した。

われわれが普段メキシコと呼んでいる国名は、実はメキシコではない。少なくとも正式な国名ではない。

メキシコは、1821年にスペインから独立した後、当時の指導者らが米国の独立運動に刺激を受け、さらに領土が複数の州で構成されていたこともあり、1824年に正式な国名を「United Mexican States(メキシコ合衆国)」と定めた。

しかし、この正式名を実際に使用しているのはメキシコの外交関係者だけで、他のメキシコ国民の間や世界中では単純にメキシコという名で知られている。

そこで、12月1日に退任するメキシコのカルデロン大統領は22日、正式国名をメキシコに変更する案を議会に提出した。

大統領は22日の会見で、1824年に「メキシコ合衆国」という名称が採用されたのは、当時、アメリカ合衆国が南北アメリカ大陸における新たな独立国家の民主主義と自由の見本だったからだとし、「今こそメキシコというシンプルかつ美しい母国の名称を取り戻す時だ」と語った。

「メキシコ」という言葉は、地元部族のアステカ族が彼らの言語であるナワトル語で初めて使用した。アステカ族は、現在メキシコシティーが位置する谷にテノチティトランと呼ばれる都市を建設したが、1521年にスペインに征服された。

メールマガジン

[PR]