ISIS指導者、昨年5月の空爆で負傷か

過激派組織「イラク・シリア・イスラム国(ISIS)」の最高指導者アブバクル・バグダディ容疑者が昨年5月に行われた空爆によって負傷し、最大5カ月の間、組織の運営を行っていなかったことが13日までにわかった。複数の米情報筋がCNNに明らかにした

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]