ネバダ大学銃撃事件、容疑者は67歳の大学教授 ラスベガスと陰謀論に関心か

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
避難する学生ら=6日、米ネバダ大学ラスベガス校/K.M. Cannon/Las Vegas Review-Journal/Tribune News Service/Getty Images

避難する学生ら=6日、米ネバダ大学ラスベガス校/K.M. Cannon/Las Vegas Review-Journal/Tribune News Service/Getty Images

個人サイトには「世界征服を目指す強大組織」の項目があり、陰謀論を拡散させている集団などにリンクが張られていた。

捜査関係者によると、犯行に使ったピストルは、ラスベガスで1年半ほど前に合法的に購入していた。

容疑者は6日正午前、ビジネススクールの校舎の4階で銃撃を始めた。校舎内では教授や学生が次の週の最終試験に備えて準備をしており、屋外にはイベントのために学生が集まっていた。

容疑者は複数階を移動したところで警察に阻止された。死亡した経緯は明らかにされていない。

死亡した3人のほかにも1人が撃たれて重体となっていたが、病院に搬送後、容体は安定した。ほかに4人がパニック発作の症状で病院に運ばれた。

「米国の銃問題」のニュース

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]