CNN EXCLUSIVE

ウクライナへのクラスター弾供与、「難しい決断」だった バイデン氏単独インタビュー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

バイデン氏、クラスター弾供与は「難しい決断」

(CNN) バイデン米大統領は7日、CNNのインタビューでウクライナに初めてクラスター弾を供与する方針に触れ、「難しい決断」だったが、ウクライナ政府がロシアに対する反転攻勢で弾薬を必要としている状況を踏まえ、最終的には供与に納得したと振り返った。

ホワイトハウスは同日、バイデン氏がウクライナへのクラスター弾供与を承認したと発表。米国が当初供与に抵抗感を示していた兵器をウクライナに提供する新たな例となった。

バイデン氏は「私にとって非常に難しい決断だった」「同盟国や連邦議会の友人たちと協議した」と述べたうえで、「ウクライナは弾薬が底を突きかけている」と指摘した。

ウクライナに送るクラスター弾は、米国が供与した155ミリ榴弾(りゅうだん)砲で使用できる。155ミリ榴弾砲はウクライナによるここ1年の領土奪還で重要な火砲となっている。

バイデン氏はクラスター弾の供与について、米国が155ミリ弾を増産できるようになるまでの「移行期間」として行われると説明。

「これは弾薬に関する戦争だ。ウクライナの弾薬は底を突きつつあり、我々も不足している」「このため、私は最終的に国防総省の勧告を受け入れた。恒久的にではないが、ウクライナ向けの155ミリ兵器や砲弾を増産する間、移行期間を認めるというものだ」と述べた。

メールマガジン登録
見過ごしていた世界の動き一目でわかる

世界20億を超える人々にニュースを提供する米CNN。「CNN.co.jpメールマガジン」は、世界各地のCNN記者から届く記事を、日本語で毎日皆様にお届けします*。世界の最新情勢やトレンドを把握しておきたい人に有益なツールです。

*平日のみ、年末年始など一部期間除く。

「EXCLUSIVE」のニュース

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]