米、ウクライナに970億円規模の軍事支援

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
独ラムシュタイン空軍基地で行われたウクライナ軍事支援会合で発言するオースティン氏/Andre Pain/AFP/Getty Images

独ラムシュタイン空軍基地で行われたウクライナ軍事支援会合で発言するオースティン氏/Andre Pain/AFP/Getty Images

(CNN) オースティン米国防長官は8日午前、バイデン大統領が6億7500万ドル(約970億円)規模の対ウクライナ軍事支援を承認したと明らかにした。

ドイツのラムシュタイン空軍基地で行われたウクライナ軍事支援会合で明らかにした。

オースティン氏によると、支援内容には誘導型多連装ロケット発射システム(GMLRS)や105ミリ榴(りゅう)弾砲、火砲の弾薬、対レーダーミサイル「HARM」、高機動多用途装輪車両「ハンビー」、装甲救急車、対戦車システム、小火器が含まれる。

オースティン氏によると、米軍の在庫からウクライナに装備品を供与するのは、昨年8月以降で20回目となる。

この支援会合は「ウクライナ防衛コンタクトグループ」と呼ばれ、50カ国が参加する。最初の会合が開かれたのは今年4月で、今回は5回目。

メールマガジン登録
見過ごしていた世界の動き一目でわかる

世界20億を超える人々にニュースを提供する米CNN。「CNN.co.jpメールマガジン」は、世界各地のCNN記者から届く記事を、日本語で毎日皆様にお届けします*。世界の最新情勢やトレンドを把握しておきたい人に有益なツールです。

*平日のみ、年末年始など一部期間除く。

「バイデン大統領」のニュース

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]