全米でサル痘のクラスター、パーティーなどで感染急拡大

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
サル痘のクラスター(感染者集団)が全米で急拡大している/Kateryna Kon/Science Photo Library/SCIPHO/AP

サル痘のクラスター(感染者集団)が全米で急拡大している/Kateryna Kon/Science Photo Library/SCIPHO/AP

(CNN) 米各地で音楽フェスティバルやプールパーティー、温浴施設などを通じ、サル痘のクラスター(感染者集団)が急拡大している。感染が多発している地域では、保健当局がワクチンの供給を増やすよう求めている。

全米の自治体の保健機関でつくる団体のロリ・フリーマン代表はCNNの取材に対し、大規模なダンスパーティーやプールパーティーなどが感染拡大の温床になり得ると指摘した。

例えばプライド月間では大型イベントが開催されて大勢の匿名パートナーと接触し、どこでどうやって感染したのかさえ把握できずに保健当局が手一杯になったところもあるという。

ワクチンについては「今現在は手持ちの分量でやりくりしなければならない段階にあり、リスクの高い新規の症例に重点を置いている」と説明。「まだ予防ではなく、症例数の確認に集中している」とした。

米国でサル痘と確認された症例や感染が疑われる症例は、今月11日~16日の1週間で866例から1814例へと倍以上に増えた。

米疾病対策センター(CDC)の最新統計によると、これまでに報告された感染あるいは感染の疑いのある症例は2000例を超えている。

サル痘は性感染症ではないものの、皮膚と皮膚の接触を通じて感染する。今回の流行ではほとんどが、男性同士の性的接触を通じて感染が広がっている。

CDCの推計によると、米国では男性と性的関係をもっている男性150万人以上がサル痘のワクチン接種対象となる。

米保健福祉省によれば、2回の接種が必要なサル痘のワクチンは、19日の時点で19万回以上分が国家備蓄から放出されている。しかし一部の自治体は需要に対応しきれないと訴えている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]