旅客機の着陸装置が壊れ出火、3人を病院搬送 米フロリダ州

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
消防車による消火活動が行われた/WPLG

消防車による消火活動が行われた/WPLG

(CNN) 米フロリダ州のマイアミ国際空港で、ドミニカ共和国から到着したレッド・エアの旅客機の着陸装置が壊れる事故があり、3人が軽いけがをして病院に運ばれた。同空港の広報がCNNに明らかにした。

同機は現地時間の午後5時半ごろ、ドミニカ共和国の首都サントドミンゴから到着。着陸時に着陸装置が崩れて火災が発生した。

広報によると、同機には乗客126人が搭乗していた。3人は軽傷を負って近くの病院に搬送された。

同州マイアミデード消防救助隊は、同機の火災は鎮圧され、消防隊が燃料漏れを食い止めていると伝えた。搭乗者については全員にけががないかどうか確認し、計3人を地元の病院に搬送したとしている。

事故の影響で同空港ではこれまでのところ、2便の出発に遅れが出ている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]