トランプ氏一族企業を捜査の検察幹部2人が辞任

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トランプ・オーガニゼーションの拠点であるニューヨーク市のトランプタワー=21年6月30日/Spencer Platt/Getty Images

トランプ・オーガニゼーションの拠点であるニューヨーク市のトランプタワー=21年6月30日/Spencer Platt/Getty Images

ワシントン(CNN) トランプ前米大統領の一族が経営するトランプ・オーガニゼーションの捜査を進めるマンハッタン地区の検察幹部2人が23日に辞任したことがわかった。数年に及ぶ捜査は重要局面に入っている。

検察の報道官によると、辞表を提出したのはキャリー・ダン氏とマーク・ポメランツ氏。報道官は「彼らの仕事に感謝している」と述べたが、捜査は進行中だとしてそれ以上のコメントを控えた。

2人の辞任については米紙ニューヨーク・タイムズが最初に報じた。

同紙は事情を知る人物の話として、新任のアルビン・ブラッグ地方検事がダン、ポメランツ両氏にトランプ氏の捜査を進めることへの疑念を呈したと伝えた。これにより州の大陪審の利用が進まず、1カ月以上大陪審での証人尋問が行われていないという。

同紙によると、ブラッグ氏が姿勢を後退させた正確な理由は不明。ただ、着任以降、捜査状況に関してほとんど公式な発表をしていないという。

CNNは昨年12月、捜査が山場を迎え、トランプ・オーガニゼーションが融資を求めた際の財務諸表の正確性が焦点だと伝えていた。

ブラッグ氏は昨年の選挙後のインタビューで捜査に集中すると表明。「明らかに重大で、地方検事の注意に値する事件」との認識を示していた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]