米FBI、情報提供に報奨金570万円 女性数百人に性的動画の撮影を強要か

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
米連邦捜査局(FBI)は、性的な動画の撮影を女性数百人に繰り返し強要したとして、報奨金を懸けてニュージーランド人の男の逮捕につながる情報の提供を呼び掛けている/FBI

米連邦捜査局(FBI)は、性的な動画の撮影を女性数百人に繰り返し強要したとして、報奨金を懸けてニュージーランド人の男の逮捕につながる情報の提供を呼び掛けている/FBI

(CNN) 米連邦捜査局(FBI)は、2012~19年に性的な動画の撮影を女性数百人に繰り返し強要したとして、5万ドル(約570万円)の報奨金を懸けてニュージーランド人の男の逮捕につながる情報の提供を呼び掛けている。

FBIの発表によると、マイケル・ジェームズ・プラット容疑者は、複数のポルノサイトを所有。このサイトは現在閉鎖されている。FBIによれば、「プラット容疑者は、ニュージーランド、オーストラリア、イタリア、スペイン、ポルトガル、トルコ、シンガポール、日本、チリ、クロアチア、フランスとつながりがあるか、訪問している可能性がある」という。

同容疑者には、児童ポルノの制作や性目的の人身売買などの容疑が掛けられている。

同容疑者は別の人物らと共謀し、インターネットを使って女性たちに対し、モデルの仕事を募った。

だが女性たちが応じた際、同容疑者らからは性的な露出を伴う動画の仕事だと伝えられた。同容疑者らは女性たちに動画をネット上に投稿せず、匿名を保つと約束。動画を撮影する見返りとして、3000ドル(約34万円)から5000ドル(約57万円)の報酬を受け取ると伝えた。

FBIによれば、「だが実際には、動画はネット上に投稿され、同容疑者のポルノサイトは数百万ドルの収入を得ていた」という。

FBIサンディエゴ支部の特別捜査官は、「プラット容疑者は、被害者に動画がオンライン上に投稿されないと信じ込ませるために、証人として自分のために動く別の若い女性に金を支払っていたとされる」と説明。「女性たちの中には、動画が出来るまでその場を離れることを許されなかった人や、望まないある種の性行為を演じさせられた人もいた」と話した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]